© アート・メディア論研究室 All rights reserved.

201710/11

学生紹介 修士二年 Mari

通称

Mari

学年

修士二年

略歴

兵庫県神戸市出身。現在、兵庫県川西市在住。
本業はフリーランスライターで、新聞、雑誌などで記事を執筆。
あることがきっかけで一念発起して大学院入学を決意し、社会人入学試験を受験。
釜山国際映画祭の取材中に合格通知が家に来ていると家族から聞き、大喜び。
仕事との両立のため、長期履修制度を利用し、4年計画で修士論文を執筆予定。

研究テーマについて

シルク・ドゥ・ソレイユを中心とする現代サーカスをテーマとして、現代サーカスの演劇性、サーカス学校の教育システム、サーカスをツールとして教育や社会で活かす「ソーシャル・サーカス」の有用性などを調査、研究しています。
キーワード:シルク・ドゥ・ソレイユ、現代サーカス、ソーシャル・サーカス、アウトリーチ活動、社会包摂(インクルージョン)

メッセージ

・2016年秋には、アート・メディア論研究室院生が実行委員会となってシルク・ドゥ・ソレイユのショー『TOTEM(トーテム)』の芸術監督と日本人出演者、演劇学の永田教授をお招きし、一般向けトークイベントを、大阪大学中之島センターで実施しました。このように、学生が主体となって、社会に向けたアウトリーチ活動も行うことができます。
・アート・メディア論研究室の院生は、既存の枠にはまらない多角的な研究をなさっている方が多いので、飛び交う会話や情報も自由闊達です。留学生が多く、国際色豊かな研究室といえます。
・書棚には古く貴重な映像資料も多く、時に自主映画会や勉強会なども行います。
・自身の研究を、自身の頭の中だけではなく、アウトプットしたい人、社会でも応用してみたいと考えている人には、うってつけの研究室だと思います。

関連記事

学生紹介 修士2年 JoJo

通称 JoJo 学年 修士一年 略歴 中国浙江省出身、中国での学部専攻は情報理工学で、早稲田大学文学研究科科目等履修生を経…

201710/11

学生紹介 修士2年 T.M.

通称 T.M. 学年 修士一年 略歴 大阪大学文学部人文学科美学専修卒。今年度よりアートメディア論に在学中。 研究テ…

201710/11

学生紹介 修士2年 安然

通称 Anちゃん 学年 修士一年 メッセージ 初めまして、安然(アンゼン)と申します。 名前は「安全」と同じ発音で、日本…

ページ上部へ戻る