© アート・メディア論研究室 All rights reserved.

学生生活

アート・メディア論コースの学生の多くは、従来の芸術諸学が研究対象としてこなかった領域を研究しています。具体的には、メディア・アート、マルチ・メディア化する現代の諸芸術、ポピュラー・カルチャー、アート・マーケッティング、文化政策、アート・マネジメントなどです。また、これらの領域を単に研究対象とするだけでなく、実際に制作・実践を行ったり、企画に参加しつつ観察したりするという立場から研究を深めている学生も少なくありません。


研究室紹介

研究室の資料を一部、紹介します。

学生によって研究ジャンルが様々なので、増える書籍も様々です。
大阪大学の学生であれば、どなたでも借りる事ができます。
気軽にお問い合わせ下さい。

 


修士論文題目

卒業生の修士論文題目の一覧です。


学生紹介

アート・メディア論の在学生を紹介します。詳しい内容は以下をご覧ください。

 学生紹介


学生スケジュール

修士二年生の場合(自宅生)

 

修士一年生の場合(下宿生)

 

詳しい授業内容は、以下のシラバスをご参照ください。

シラバス


授業風景(メディア文化論演習)

 

 

 

 

関連記事

コース紹介

本コースには大きく言ってふたつの柱があります。ひとつめの柱は、映像・空間メディア・サイバーメディア等これまで人文学や芸術学の分野では十分に扱…

学術誌『Arts and Media / volume 08』

最新号『Arts and Media / volume 08』が2018年7月末刊行されました 終わりなきメビウスの輪。 永遠に続くコミ…

学術誌『Arts and Media / volume 07』

最新号『Arts and Media / volume 07』 大阪大学大学院文学研究科文化動態論専攻アート・メディア論研究室 編集 松…

ページ上部へ戻る